一般的な設計事務所とは

一般的な設計事務所とは

まず家を建てようとする時、ハウスメーカーや工務店、又は建売購入を思い浮かべると思います。

設計事務所はハウスメーカーのように住宅展示場等を持っていませんし、広告を出すこともほとんどありません。
ですから知名度も低いですし、どこに事務所があるのかも分からないでしょう。

しかし、設計事務所に依頼されると、ハウスメーカーや工務店等と違い、広告費や人件費、住宅展示場の維持費等がかからないため、設計監理料を建築費用にプラスしても低コストで済みます。
その為、住宅にかかる費用を抑えることができますし、その分家電製品やカーテン等の購入費にまわすことが出来、大変経済的です。

一般の方にとって家を建てるということは一生の中でおそらく一度ですので、お客様も設計者も一生懸命です。よって設計を進めていく上でお客様と議論する場合もあります。お客様のことを思えばこそ、ハイハイだけで設計を進めていくわけにはいかないのです。

お客様は一生で一度のことなので、どこに依頼して家を建てるか真剣に悩んで欲しいと思います。この時、ハウスメーカーや工務店だけでなく設計事務所から提案を受けてみる、といった選択肢もぜひ加えて、検討して頂けたら幸いです。

以下に設計事務所に頼むとどのようなメリットがあるのか、ハウスメーカー、工務店とどのような違いがあるのかを説明いたします。ぜひ一度お読みになり、参考にしてみてください。