デジタルの弱点

「かんくう建築デザイン」は私含めて4名で、私とかみさん、そして二級建築士であるスタッフが2名という構成です。

ちなみに2人のスタッフにはそれぞれ小学生の子供がいる関係で、自然と在宅勤務状態になることが多いです。

今でいう、リモートワークというやつですね。

もちろん数年前まではほぼ毎日事務所に来て、打ち合わせや図面の書き方、そして建築の勉強会などもしていましたが、最近では事務所に来る回数も減ってきている中でのコロナ騒動。

ますます事務所に来ることが無くなり、なんか完全にリモートワークに移行している感じがしています。

 

スタッフとのやり取りは、メールとLINE、そして電話。

電話はまだいいのですが、メールとLINEは難しいですね。

とても便利なツールなので重宝しているのですが、どうしても用件だけを伝える事のみになってしまいがちなので、スタッフから見ると味気ないというか、場合によっては、怒っているのかな?と思われたりしてしまう事がたまにります。

最近、こいういうのがメールやLINEの弱点なのかなぁ、と感じる事が多くなった反面、効率やスピードでは測れないアナログの良さが見えてきた気がします。

伝えることや感じること等は、やっぱりまだデジタルではなく、アナログのほうがいいなぁ、と最近思ったりしています。


かんくう建築デザイン
「お客様に心から喜んでくれる家をつくりたい」と願う
広島の建築設計事務所です

過去(2006.4~2020.4)の黒田ブログはこちら(アメーバブログ)
https://ameblo.jp/kankuu/

現場や仕事の様子はこちら(facebookページ)
https://www.facebook.com/kankuu.net

これまでの施工事例はこちら
https://www.kankuu.jp/works/

このサイトを広める

2006年~2020年4月までのブログは旧黒田ブログをご覧ください。