「やっぱりいいなぁ」珪藻土編1

今日から始める「やっぱりいいなぁ」をテーマにした内容のブログは、おそらくシリーズものになると思います。

よって飛び飛びにはなると思いますが、シリーズものとして読んでいただけたらと思います。

 

大学を卒業し、建築設計事務所に入社して9年。

その後建築設計事務所を事務所を開設して18年。

合計27年建築に携わっているのですが、その間、建物の形や建築材料、デザインなど、流行ったものや廃れたものなどがありました。

私も気になる材料やデザインだけでなく、私が思いついた間取りプランやデザイン、詳細など、お客さんには失礼ですが、試してみたい事をその都度やってきました。

その中で現時点ではありますが、「やっぱりいいなぁ」と思うものを紹介していきたいと思います。

 

ちなみに現時点、と書いているのは、将来においては分からないからです。

例として、木材でも15年ぐらい前は明るくナチュラルな色が好きだったのが今は濃い茶色系が好きになっていたり、照明の色は暖色系が好きだったのが今では昼光色が好きになっていたり。

その好みの変化は年齢によるものだと感じていますので、10年後、その又10年後となると、恐らく好みも又変わっているのではないかと思っています。

 

広島の建築設計事務所 かんくう建築デザインの高取南の家の珪藻土そんな感じで「やっぱりいいなぁ」と思うものとしてまず思い浮かべるのは壁に塗る珪藻土。

詳しく書くと物語になってしまうので簡単にしか書きませんが、物心ついた時から喘息とアトピーに苦しんでいた私。

小学校高学年から中学生までは落ち着いていましたが、高校生になると再発し、一番ひどい時は社会人になり結婚して五日市に住んでいるときでした。

 

つづく


かんくう建築デザイン
「お客様に心から喜んでくれる家をつくりたい」と願う
広島の建築設計事務所です

過去(2006.4~2020.4)の黒田ブログはこちら(アメーバブログ)
https://ameblo.jp/kankuu/

現場や仕事の様子はこちら(facebookページ)
https://www.facebook.com/kankuu.net

これまでの施工事例はこちら
https://www.kankuu.jp/works/

このサイトを広める

2006年~2020年4月までのブログは旧黒田ブログをご覧ください。