亀山さくら園(障がい者福祉施設 新築)

災害時の避難場所にもなる障がい者福祉施設です。
通常は障がい者の作業所として、又介護スペースとして利用していますが、いざ災害が起き、避難場所になった場合、広い空間を4m×4mのグリッドで仕切れ、プライバシーを確保出来るようにしています。
他にプロパンガスを利用した発電機や非常用照明、非常用コンセントを整備。
災害が起こる事は望みませんが、万が一起きてしまうことを想定して設計しています。

仕様

カテゴリー

集合住宅・福祉施設

特徴

福祉

バリアフリー

お客様とのきっかけ 紹介

メインの仕上げの仕様

敷地面積 2.065.92㎡(624.94坪)
延床面積 375.40㎡(113.55坪)
外壁 窯業系サイディング
屋根 ガルバリウム鋼板
内部床 塩ビシート
内部壁 クロス

場所:広島市 可部