3.職人さんへの質問

広島の建築設計事務所かんくう建築デザインのみんなが笑顔になる家づくり

この「みんなが笑顔になる家づくり」の仕組みを思いついたのは、ある増築工事の見積り依頼がきっかけでした。 2010年、和室1間の増築とリノベーションのお話を頂いた時、小規模な工事ということもあり、3社見積りではなく友人の大工さんに見積りを依頼しました。 しかし、その大工さんはちょうど2、3件たて続けに仕事が入っていましたので、知り合いの大工さんを紹介してもらうことになりました。 「昨年大工仲間4人で工務店を始めたやつがおるよ。そいつを紹介する。色々な所で修行してきとるけえ、腕もいいし木や木組みのことをよく知っとるよ。」という事で、その大工さんと会うことになったのがきっかけです。

初めて会ったのは、とあるファミレス。増築+リノベーション工事内容の説明をした後、余談でこれまで疑問に思っていたことを聞いてみました。以下、羅列してみます。

  1. 「大工さんって自分が手がけた家の完成した姿を見ることある?頑張って手がけた家、
    完成した姿を見たいと思わん?」
  2. 「最近お客さんと大工さん、コミュニケーションとってはいけん流れになっとるけど、
    寂しいと思わん?」
  3. 「お客さんから、いい家を建ててくれてありがとう、と言われたことある?」
  4. 「子供に、この家はお父ちゃんが建てたんで、と言いたくない?」
  5. 「完成した家のお引渡しの時に立ち会いたいと思わん?」

と。

何故こんな質問をしたのかといいますと、最近の家造りについて、ずっともやもやしたものがあったからです。