高取南の家(柔らかい白に包まれた家)

敷地は1.4メートルの段差があるだけでなく、北川斜線等、法規制の厳しい敷地です。
敷地の段差をそのまま利用した結果、スキップフロア形式の家となり、1段上がったリビングに上がる為の階段は、収納を兼ね備え、腰掛にも出来ます。
内部は柱や天井の杉板にはホワイトオイルを塗り、壁は白珪藻土でまとめたおかげで、穏やかで柔らかな白に包まれている空間となりました。

仕様

カテゴリー

新築住宅

特徴

バリアフリー

少人数

お客様とのきっかけ ホームページからのご依頼

掲載情報

  • 中国新聞家づくりマイスターで紹介されました。
  • 住まい総合ポータルサイトfomifyで紹介されました。

メインの仕上げの仕様

敷地面積 137.81㎡(41.68坪)
延床面積 107.95㎡(32.65坪)
外壁 窯業系サイディング
屋根 ガルバリウム鋼板
内部床 無垢フローリング(カバ)
内部壁 珪藻土

場所:広島市 高取