9.お客さんにとってのメリット

広島の建築設計事務所かんくう建築デザインのみんなが笑顔になる家づくり

ではお客さんにとってのメリットは何になるのでしょう。

それは工事費を1~3割下げることが出来た事です。

2011年4月、大工集団の工務店に3DKのマンションの全面リノベーションの見積りをお願いしたところ、出てきた金額に驚きました。
これまでの経験で、工事費は800万円程度だと思っていたのが、450万円。

その時に思いました。経費率が一般的な施工業者と違うのだと。

そして2011年10月には新築の見積りをお願いしました。以前同規模で同じような性能、仕上げの家を設計したことがありましたので、その時の工事費から坪単価を計算し、お客さんに概算として提出していた工事費は2,300万円。しかし大工集団の工務店から出てきた見積り金額は1850万円。

いったい何故大工集団の工務店に依頼すると、こんなにも安くなるのでしょうか。

これまでの一般的な家造りでは、職人さん達それぞれが施工業者に提出した見積りの合計金額に2~4割の施工業者側の経費をのせてお客さんに提出をしています。

その2~4割の中には、社員の給料や会社経費、広告宣伝費等が含まれています。

各職人さん達が提出した工事金額の合計を2,000万とします。施工業者の経費が2割の場合
2,000万×1.2 = 2,400万
施工業者の経費が4割の場合
2,000万×1.4 = 2,800万
この400万と800万が施工業者の経費(取り分)となります。