11.最後に

広島の建築設計事務所かんくう建築デザインのみんなが笑顔になる家づくり

何故この仕組みが上手くいくようになったのでしょうか。 それは今の若手大工さんの勉強はもちろんの事、コンピューターを使い、CADも使えるようになったことが大きな要因です。
設計図から、より詳細な図面である施工図をおこしたり、エクセル等を使ってお見積りを作成したり、メールを使って材料を発注したり…。
これまで職人さんが苦手意識を持っていた部分を自分達で克服し、現場監督としての役割も出来るようになった結果、この仕組みが上手くいくようになりました。

広島の建築設計事務所かんくう建築デザインのみんなが笑顔になる家づくり

もちろん、ここまでくるのには相当な努力が必要でした。しかし、その努力した分、より責任感を持って純粋な気持ちで仕事が出来るようになっています。

以上が「みんなが笑顔になる家造り」の全貌です。この仕組みを考え作りあげるまでには時間がかかりましたが、ようやくここへたどり着くことが出来ました。私達がずっと抱いてきた、無理をせず、誰も苦しめることもなく、お客さんも含めてみんなが喜ぶ家造り。
このような家造りはいかがでしょうか。

ちなみに大工さんは言っています。
「下請けの時より収入が増えた」 そして
「以前よりやる気が湧いた」と。