1.頭をぶん殴られた気がしたあの日

広島の建築設計事務所かんくう建築デザインのみんなが笑顔になる家づくり

これまで4棟ほど、ある工務店で同じ大工さんに建ててもらったことがあります。
その大工さんはとても腕が良く、仕事も丁寧な当時50代前半の方でした。
私達はこの大工さんから、小屋組みの提案や、強度的に向上する木の組み方など様々なアドバイスをもらっていました。

家を建てる場合、通常2~3人の大工さんがチームを組んで一軒分の大工仕事をするのですが、そのチームは、リーダー的役割の大工さん以外皆60代です。
2005年頃になりますが、その大工さんが働いている現場で、何気なくこんな質問をしました。

広島の建築設計事務所かんくう建築デザインのみんなが笑顔になる家づくり

「昔ながらの木組みを知っていて、丸太から手刻みで加工する技術ももってるのに、何でそれを若い大工さんに伝えないんです?若い大工さんを入れたらいいのに。」
するとこんな答えが返ってきました。
「今の工務店は人を育てるだけの日当をくれん。だから雇えん」と。
その答えを聞いた時、頭をぶん殴られた気がしました。
それ以来、どうすれば若い職人を育てながら、日本の木の家造りを伝えていく事が出来るのか、と考え始めました。

しかし、大工を目指す若者に一から技術を教えていくのにはお金がかかります。若い大工を育てていく費用が丸々上乗せされて工事費が上がったのではお客さんにとって喜ばしいことではありません。
お客さんにも喜んでいただけ、大工さんをはじめとする職人さんも喜ぶ仕組み、いうなればみんなが喜び、みんなにメリットがある仕組みでないと長続きしないと思っていましたので、全てを兼ね備えた家造りはないものかとまた考え始めました。